読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

私の朝活

 

おはようございます。

ひっさしぶりに、3時半に起きられたので、こうしてブログを更新できています。

お久しぶりなナナホシです。

 

夜は子どもたちと一緒に20時就寝の私。

 

自分が自由に使える時間を確保するべく、3時に目覚ましを鳴らす生活を始めてから2か月ほどが経ったでしょうか。

 

その前から、割と朝型で、4時には起きて読書したり、仕事の残務を片づけたりしていたのですが、ここ最近は、朝の時間を「自分を高める時間」と意識して過ごしてきていました。

 

今日はそんな私の朝時間の過ごし方について、ご紹介します。

 

www.nanahoshi-hiroba.com

5時には家事をスタートさせるので、それよりも前の時間、早く起きれば起きた分だけ、自分のために時間が使えるというわけです。

 

私の朝活時間割

春になり、布団が気持ちよすぎて、なかなか3時に起き出すことが難しいのが最近の悩みなのですが、起きてから、5時の家事スタートまで、私がどのように過ごしているか、ざっと書き出してみました。

 

3時~4時 起床 

     お味噌汁のだし取り、ご飯をお水につける、コーヒーを淹れる

     起き抜けのボーっとした頭が、この間に覚めてきます。笑

 

朝活① モーニングページ(20分ほど)

朝活② 今日の朝活

朝活③ マインドフルネス瞑想(10分)

朝活④ ラジオ体操(3分)

 

大体毎日こんな感じ。

「朝活②」の今日の朝活は、その日の気分や持ち時間の長さによって変えていますが、大体、

 ・ブログを書く

 ・本を読む

 ・今日の予定をぼんやり眺める

が多いです。

 

なるべく朝の時間にToDoを入れないように、主人に協力をしてもらい、仕事の残務や、ななほしの教材準備などは日曜日にするようにしています。

 

旦那さんが子どもたちを公園に連れ出してくれている午前中に、溜まった家事とともに一気に片づけます。

 

だから、毎日の朝時間は、自分のためだけに使う、贅沢で、私にとって大切な時間。

 

マインドフルネス瞑想

さらっと書きましたが、最近、なるべく毎日、同じ時間に瞑想をするように習慣づけをしています。

 

きっかけは、この本を読んでから。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

 主人が貸してくれた本です。

いかにも!な表紙に、最初は読む気も起らなかったのですが、結果、私の人生を変えるほどの影響力を持った本でした。

 

本の紹介は、また改めて記事にしたいと思います。

 

どんなに体を休めても、「何だか疲れが取れない」と感じているあなた。

もしかすると、疲れているのは「脳」なのかもしれません。

 

科学的に効果が認められつつある「脳の休息法」が、瞑想です。

ご興味のある方は是非^^

 

脳は、習慣が好きです。

だから、できるだけ、毎日同じ時間に、同じ場所で、同じ格好で瞑想をするようにしています。

 

私の場合、ご飯を炊いている10分ほどを、毎朝瞑想の時間に充てています。

 

いや~、全くうまくできませんがね。笑

改めて自分が雑念の塊であることを、思い知っている最中です。笑

 

 

ラジオ体操

これは、先週から導入した朝活です。

 

マインドフルネス瞑想が、ご飯の炊飯終了とともに終わると、その後、家事に移る前にラジオ体操第一を、ユーチューブを見ながら行っています。

 

何と初日は、たった3分のラジオ体操で、筋肉痛になりました。苦笑

 

どれだけなまっていたのだろう、私の体・・・苦笑

 

ラジオ体操を朝活に導入したのは、こちらの本を読んだことがきっかけです。

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

 

はい、これも旦那さんの本です。笑

旦那さんは、自己啓発系の良書を見つけてくる才能があるようです。

 

こちらも、タイトルを見た時は「え~、、、」と思ったのですが、読んでみて良かったです。

 

何だか、私も人生を変えて、革命を起こせるのではないか!?という気持ちにさせてくれました。

 

巻末に、「モーニングメソッドスターターキット」という、自分と向き合うための質問シートが付録されているので、ここ数日は、朝活①のモーニングページの時に、一つずつ質問の答えを書き出しながら、自分と向き合う時間を取っています。

 

著者が勧める6つの「モーニングメソッド」の一つに、「エクササイズ」という項目があります。

 

著者はヨガを勧めていますが、どうも私にはハードルが高いため、既に習得していて、手軽にできるラジオ体操を導入してみることにしました。

 

実は、先に紹介した『最高の休息法』の中にも、ラジオ体操を使ったムーブメント瞑想が勧められていて、気になっていたので、取りあえず、導入してみることにしました。

 

たった3分ですが、真剣に体操すると、息が上がるし汗もかきます!

 

広告

 

 

まとめ

なかなか、早起きをコンスタントに続けることが難しいのですが、あの手この手を用意して、なるべく毎日、「自分のための時間」を確保&時間の質を高める試みをしています。

 

どなたかのお役に立てれば幸いです。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

【おススメ本のまとめ】

今日ご紹介した本はこちら↓

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

 

 

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

 

 

マインドフルネスに関して、面白かった本☟

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

 

Amazonで購入したので、これから読みます!楽しみ♪☟ 

 

 

 

スポンサーリンク