読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

【月末お助けレシピ】 時短&節約なのに豪華に見える「鶏むね肉の蒸し焼き 玉ねぎソース添え」

「食べる」こと 時短 お金・家計管理

 

15日が給料日の我が家は、10日を過ぎると節約モードに突入します。笑

 

そんなときに私が頼りにしている、簡単で見栄えもする節約レシピをご紹介します♪

 

いつもながら、分量は適当なので、その辺はご自分の舌で好みの味を探してくださいね。笑

 

レシピ:鶏むね肉の蒸し焼き 玉ねぎソース添え

【材料】

鶏むね肉 約300g

玉ねぎ小 半分

醤油、酒 適量

これだけです。

 

【作り方】

①強火で熱したフライパンに、油をしかず、鶏むね肉を焼き付ける。

 

②両面、こんがり焼き色がつくまで焼き付けたら、鶏肉を一旦取り出す。

 

③焼いている間に、玉ねぎをスライス。

 

④②のフライパンに油を薄く敷いて、余熱で玉ねぎを軽く炒める。

 

⑤玉ねぎがうっすら透明になったら、取り出した鶏肉をフライパンに戻し、ふたをして、弱火で20分ほど蒸し焼きにする。

 

⑥酒と醤油で味を調え、玉ねぎをソース上になるまで煮詰めながら炒める。

 

⑦鶏肉を好みの厚さにスライスして、玉ねぎソースを添えて出来上がり。

 

写真付きで再度解説

①下味なんかつけません。そのままドーンと焼きましょう。

 

②こんがりいい色♪結構煙が出るので、換気扇を忘れずに。

 

③玉ねぎスライスはこんな感じ。

 

④予熱だけで十分しんなりします。火をつけるとこげます。笑

 

⑤鶏肉を戻します。玉ねぎの上においてしまってOK。

蓋をしてね。弱火にするのを忘れずに。

 

⑥20分蒸し焼きにするとこんな感じ。

調味料は、大きな瓶でそのまま回しかけるという横着ぶり。でも大丈夫、これでも美味しくできます。笑

 

⑦少しに詰めると、玉ねぎがこんな感じでトロトロになります。ちょっと今回は醤油入れすぎました。

 

⑧スライスしたところ。う~ん、おいしそう♡

盛り付けたら完成です♪

家族4人がおなか一杯になって、しかも材料費はせいぜい300円。ご飯やお味噌汁、つけ合わせなどを考えても500円でおつりがあるくらい♪

 

最初はたぶん、何かのレシピを見て作ったのでしょうが、あまりにも我が家で定番化してしまい、出展が何だったのか、もとのレシピがどんなだったか忘れてしまいました。苦笑

 

おもてなしワンプレートにも♪

いかがでしたか??

とっても簡単でしょう♪

調理の工程もとても少ないので、我が家では月末に財布がピンチの時だけでなく、おもてなしにもよく作ります。

 

手の込んだ料理に見えるようで、ワンプレートのカフェ風ランチのメインとして出すととても喜ばれます。

 

これをブラパラに盛り付けたら、もう完璧。笑

 

蒸し焼きにしている間、手が離せるのもおもてなしにはピッタリですね。

 

材料もシンプルなので、子どもたちにも安心して出せるし、かなり好評です♪

 

 

これから春休みに入ると、皆で集まったり、おもてなしをする機会が増えますよね。

そんな時、よかったら参考にしてみてくださいね♪

 

広告

 

 

【注意!!】

作り方のコツは、あくまで、我が家の火力、我が家の調理器具に合ったやり方ですので、それぞれのご家庭で、ちょうどいいやり方を探してみてくださいね♪

 

 

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました~☆

スポンサーリンク