読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

【手帳術】 来年の「家族のワクワク」時間を予約しました

 

こんにちは、ただいま帰省中のナナホシです。

こんな時間にのんびりブログを書けるのも、夕飯の支度や子どもの相手、お風呂やその他の家事の担い手がすべて別にいるおかげ。

 

なんて快適なんだろう・・・

 

毎年、この時期、実家のありがたさをかみしめます。笑

 

だって、朝起きたら朝ご飯ができているなんて生活、最高すぎですよね!?

 

 

さて、今日は午前中近所の公園で外遊びを満喫し、子どもたちがぐっすりお昼寝をしている隙に、子守をおばあちゃんにお願いして、夫婦で近所のコメダコーヒーへ。

 

名古屋人にはなくてはならない「居場所」です。

10年以上ぶりにシロノワールを注文し、「ミニ」なるメニューができていることに衝撃を受けつつ、旦那さんとそれぞれのワクワクリストをつきあわせ、来年の「家族のワクワク」を書き出しました。

 

ワクワクリストに関する過去記事はこちら。

totokamomepan.hatenablog.com

 

来年は、長女が4歳、次女が2歳。

赤ちゃんから幼児へ成長しつつあり、家族で楽しめるイベントの幅がぐーんと広がっています。

 

仕事も育児も少し落ち着くだろうという予測の元、家族で過ごすイベントごとを大切にしたいね、とかねてから旦那さんと話しておりました。

 

家族のイベントって、「行きたいな~」「やりたいな~」と思っていても、仕事などの予定が優先されてしまったり、予定がうまく合わせられなかったり、お金がかかることは準備が間に合わなかったりと、ついつい後回しになることが多くないですか?

気づいたら必死に日々をこなすだけで一年が過ぎてしまっていた!となりかねない。

 

でも、小さな子たちと過ごす「時」は、過ぎてしまったらもう二度と戻ってきません。

 

今しか過ごせない「時」がある。

今しか作れない思い出がある。

 

だから我が家では、家族のイベントを最優先して「予約」してしまうことにしました。

 

 

①家族の「ワクワク」の書き出し

まずは来年子どもたちとやりたいイベント、行きたい場所などをランダムに書き出しました。

 

 ・キャンプに行く(BBQ,川遊び)

 ・映画(アンパンマン?)

 ・海に行く(泊まり!)

 ・家族でお花見

 ・劇団四季orミュージカル

 ・ボルダリング

 ・新宿御苑でピクニック

 ・高尾山へハイキング(紅葉狩り

 

 

②旬間表へ落とし込み

季節や、次女の成長具合、その他仕事の大まかな繁忙期等を考慮して旬間表に落とし込みました。

まずは、季節が限定されるイベントから。

 

お花見は3月下旬から4月上旬に。

海や川遊びは夏休みに。

 

次女の成長を考慮した方がよいイベントについても優先的に予約します。たとえば、ハイキングなら初夏か秋か、季節のいいときがいいけれど、たくさん歩くことを考えると秋の方が次女も歩けるかなあ、といった具合に。

 

大きなイベントが重ならないように調整しながら書き込んでいきました。

 

幅をとって予約するのは、万が一天候が悪かったり、体調が悪かったり、どうしても外せない仕事が入る可能性があっても、予定が中止になることがないためです。

 

 

③実際のカレンダーを見ながらイメージする

旬間表が書けたら、次は実際にカレンダーとつきあわせて予定を見ていきます。

 

この段階で、「お花見は4月は無理だね・・・」ということがわかり、平日で仕事の有休が取れそうな日を二日ピックアップし、カレンダーに書き込みました。

写真は私の手帳です。花見の日と予備日を決めました。週間天気がでたら旦那さんに年休を取ってもらいます。

 

その他は、だいたいこの日あたりになりそうだね~と話ながらイメージするだけ。

4月になり、新年度の年間予定がわかったら、日程をきちんと書き込む予定です。

 

 

④家族のカレンダーに書き込み「見える化

最後に、家族のカレンダーの余白部分に、その月にやる予定の「ワクワク」と準備担当を書き込みました。

カレンダーは無印良品のシンプルなカレンダーがお気に入りです。

www.muji.net

 

調べたり、予約したりする必要のある物は、得意な人、その月余裕のある人が担当することにします。

 

 

家族の楽しい予定がどんな予定よりも優先して入ることで、その他の予定を調整することができるし、準備の段階から見通しを持って楽しむことができるので、イベントを何倍も楽しむことができるのではないか、と今からとても楽しみです。

 

 

大切にしたい時間から予約する。

書くことで意識する。

 

 

「夢かな手帳」に出会って、こんな小さな工夫で、確実に夢に近づけることを知っているから、私は家族の時間も確実に充実させて見せます♪

 

 

なんだか慌ただしく一年が過ぎてしまったな・・・

そんな風に思う方、来年こそ、一緒に楽しい時間を予約してしまいませんか♪

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク