読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

【ずっとやりたかったこと】メイクパレットの自作とメイク用品の見直し

 

先日、愛用していたEtvosのリキッドファンデーションを使い切ったので、ずっとずっとやってみたかったことをついにやってみました。

f:id:totokamomepan:20161019043511j:plain

 

尊敬しているミニマリストオズさんが元祖

師とお慕いしているマキさんも実践中の自作メイクパレット。

 

マキさんに倣って、100円ショップで購入しておいた名刺入れをコンパクト代わりに。とにかく軽い!そして薄い!

f:id:totokamomepan:20161019044056j:plain

中身は、前から愛用している無印のチークと、初めて買ってみたEtvosのファンデーション。

f:id:totokamomepan:20161019044216j:plain

石けんで落とせるのは、リキッドタイプと同じです。

宇津木式スキンケア実践中の私には、石けんで落とせることはファンデーションを選ぶうえで必須条件。

色々インターネットを利用して調べてはいましたが、結局使ったことのあるEtvosが安心かな、ということでこちらを購入しました。

 

途中、ミネラルファンデーションがはやり始めた時期に少し浮気したことはありましたが、私はずっとリキッドファンデの愛用者でした。

 

理由は、20代の初め頃、勇気を出して入ったデパートの化粧品カウンターで、白衣を着たきれいなお姉さんに

「お客様のお肌に合うのはリキッドタイプですね」

と言われたから。

 

我ながら、実に10年間もその言葉を疑いもせずリキッドを使い続けてきた事実に、ちょっと笑ってしまいました。苦笑

 

使ってみて思ったのは、「楽っ!」の一言に尽きます。

 

リキッドだとどうしてもメイクした後の手を洗ったり、仕上げに白粉をはたく必要がありますが、その手間が全てカットでき、自分史上メイク時間が最短になりました。

 

メイクのノリも、持ちも、同じEtvosで比較するとパウダーの方が断然上。

もう、リキッドに戻る理由が見当たりません。笑

 

リキッド時代からメイク道具は本当に最低限でしたが、、

f:id:totokamomepan:20161019045312j:plain

左上から、チークブラシ、白粉ブラシ、アイシャドウ、マスカラ、リキッドファンデ、白粉、アイブロウ、チーク。

 

これを機に、もう半年も使っていなかったマスカラを処分して、見た目も数も本当にすっきりしました。

f:id:totokamomepan:20161019045512j:plain

ちなみに、私はメイクパレットとアイブロウは別にすることにしました。

まあ、単純に入らなかった!ということもありますが、宇津木式スキンケアを実践中ということもあり、すっぴんに眉毛だけ書く、という朝もあるので、別の方が動線がすっきりするのです。

 

メイク道具、スキンケアグッズを収納している、洗面台内部の棚も・・・(こちらはビフォー)

f:id:totokamomepan:20161019050048j:plain

 

すっきりしました!!

f:id:totokamomepan:20161019050251j:plain

管理するものが減ったので、自然とこまめに掃除をするようになり、清潔が保てているのも気持ちがいいです。

 

今の私にとって、メイクは最低限の礼を示すもの。

場にそぐわないほどのすっぴんは避けたいけれど、一番は子どもたちとの生活が快適でストレスなく送れることです。

 

そぎ落としたスキンケア・メイクが今の私にはちょうどいい♪

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

関連記事はコチラ↓。お時間ある方はどうぞ。

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

スポンサーリンク