読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

憧れの梅仕事 梅シロップを仕込みました

 

丁寧な暮らしにあこがれ、日々の暮らしを見直し続けています。

 

ブログを始めたことをきっかけに、今まで挑戦したくてもなかなか手が出なかったことに色々挑戦できています。

 

ずっとやってみたかったこと。

・糠漬け

・家庭菜園

・梅仕事

 

わたしにとっての「The・丁寧な暮らし」です。笑

 

今年こそはやるぞ!ときめ、久々にモノを買いました。

セラーメイト 取手付密封びん 2L 220308

セラーメイト 取手付密封びん 2L 220308

 

 梅を漬けるための大きな保存瓶。

取手付か否か、迷いましたが、結果的に取手付を購入してよかったです。

仕込んだ後、毎日瓶を振って混ぜるときに、結構重いので取手があると持ち上げやすいです。

 

 

そして、生協で梅酒用の青梅を注文し。

火曜日が配達日なので、待ちわびて受け取りました。

f:id:totokamomepan:20160603083606j:plain

 

大好きなこちらのブログやお店の記事を参考にしながら、準備準備♪

ameblo.jp

hokuohkurashi.com

 

まずは水につけて灰汁を抜くところから。

f:id:totokamomepan:20160603083715j:plain1時間ほどと書いてあるものや、一晩漬けると書いてあるものなど、色々だったので、適当に。笑

 

そして、ワクワク。

楽しみにしていたヘタ取り。

f:id:totokamomepan:20160603083850j:plain

指が汚くてすみません。汗

 

ヘタ取り、初めてだったので、どれがとるべきヘタで、どれは取れているのか最初は分からず、ぐりぐりやってしまいましたが、写真のようにわかりやすくヘタがついているものは、爪楊枝でクリッとつつくと簡単に取れました。

 

下処理の終わった梅たちは、ジップロックへ入れていったん冷凍庫へ。

f:id:totokamomepan:20160603084111j:plain

 冷凍させることで繊維が壊れて、エキスを抽出しやすくなるそうです。

 

翌日、冷凍庫から出して30分ほど放置し半解凍状態にした梅、氷砂糖、砂糖を準備。

f:id:totokamomepan:20160603084927j:plain

今回は、以下の材料を使って漬け込みます。

 

【材料】

 梅   1㎏

 素精糖  500g

 氷砂糖 500g

 りんご酢 大匙5

 

少し前から、キビ砂糖ではなく素精糖という精製度の低いお砂糖を、お菓子作りなどに使っているので、今回はこれを使います。

見た目はキビ砂糖のようですね。原料もサトウキビなので、そんなに大きくは変わらないと思います。キビ砂糖に比べるとしっとりとしていて、味にコクがあります。

 

エキスをしっかり抽出するために、梅たちにフォークで2~3か所穴をあけ・・・

f:id:totokamomepan:20160603085140j:plain

 

焼酎で消毒した保存瓶に梅→砂糖→氷砂糖の順で詰めていきます。

f:id:totokamomepan:20160603085328j:plain

 

詰め終わったところ。

f:id:totokamomepan:20160603085703j:plain

最後にお酢をまわしかけて完成。

 

準備した材料がこのくらい、入らなくて焦りましたが、しばらくしてお砂糖が解けると無事詰めることができました。

f:id:totokamomepan:20160603085919j:plain

 

作業自体はとても簡単で、どうして今まで尻込みしていたんだろう??と思うほど。

すーーーっごく楽しかったです。笑

 

そして、詰め終わった瓶が気になって気になって、今朝は早く目が覚めたほど。笑

 

ちなみに、キッチンの食器棚にこんな風に置いています。

f:id:totokamomepan:20160603090250j:plain

お砂糖が解けて、早くもいい感じ♪

 

3週間ほどで飲み頃になるそうです。

今から楽しみ~♪

 

一つ、「丁寧な暮らし」レベルを上げたナナホシでした。笑

 

 

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク