読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

「持たない暮らし」に役立つアプリ 「Libraroid」と「図書館日和」

シンプルライフ

 

今日は、私が気に入ってよく使っているスマートホンのアプリをご紹介します。

 

私は基本的には、書店で読みたい本があったときに、すぐに購入することはありません。

 

図書館に所蔵があるものは、予約して、待って、借りて読むことを心がけています。

 

理由は、完全お小遣い制の我が家にとって、本の出費はジワジワ痛いということが一つ。

 

我が家のお小遣い制度に関してはコチラを・・・↓

totokamomepan.hatenablog.com

 

でも、一番の理由はモノを安易に増やしたくない、という思いからです。

どうしてもすぐに読みたい本、手元に置いておきたいと思った本、そして図書館に蔵書がないものについては購入していますが、書店で本が気になったときには、その場で、このアプリを起動させます。

 

「Libraroid」

 

f:id:totokamomepan:20160517130152p:plain

これは私のスマホのホーム画面です。

中段左から2番目の緑色の本の形をしたアイコンが「Libraroid」です。

 

アプリを起動させるとこのような画面に。

f:id:totokamomepan:20160517130315p:plain

検索の窓に本のタイトルやキーワードを入れて書籍を検索することができます。

 

あらかじめ、自分の良く利用する図書館を登録しておくことで、その自治体全体で蔵書があるか、何冊あるか、現在の予約や貸し出し状況はどうか、などが表示されます。

 

写真の真ん中あたり右端にある「予約」のボタンをワンタッチ。これで予約が完了します。

 

また、蔵書のない本に関しては、カートのボタンを押せばアマゾンの購入画面に飛ぶことができます。

 

何と便利な!!

 

あまり機械には強くなく、アプリもほんとに使う数個しか持っていませんが、このアプリは本当に便利でもう手放せません。

 

 

私は久しくソフトバンク、かつiPhoneユーザーでしたが、全然スマートじゃない月額費を改善すべく、今は格安料金プランのある携帯会社に乗り換えました。

余談ですが、8千円近かった月額料金が今は2000円ちょっとです。

 

使っている機種はgalaxyですので、アンドロイドユーザーになりました。

 

タイトルにある「図書館日和」というアプリは「Libraroid」のiPhone版です。

(いや、iPhone版というのではないか。。iPhoneで使える蔵書検索アプリです)

 

アンドロイドには同じアプリが無かったので、ほぼ同様の機能を持つ「Libraroid」を使い始めたというのが経緯です。

 

私の住む地域の図書館は、予約していた本が最寄りの図書館に届くとメールでお知らせしてくれます。

図書館からメールが届いたら、カウンターで受け取るだけ。

 

小さな子を追いかけながら、あわてて横目で本を選ぶ必要もないし、最寄りの図書館は小さな館で、所蔵数も少ないため、区内の大きな図書館から読みたい本が届くというのもとても魅力的です。

 

タイトルだけでなく、キーワードで検索できるので、関連書籍をまとめて予約できるのもいいですね。

 

ちなみに、「ミニマリスト」関連の本はほぼ予約済み。

でも人気があるのでなかなか回ってきませんが。苦笑

楽しみにしつつ、気長に待ちます。

 

今興味なるキーワードは「禅」です。笑

 

そうそう、ずーっと前に予約した本が、「今まさにちょうど読みたかったのよ!!」というタイミングで届く不思議なシンクロニシティを何度か体験しています。笑

 

アプリは無料なので、図書館をよく利用される方は是非試しに使ってみてください♪

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク