読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

タオルを新調。アリサラ舎のガーゼタオル

おはようございます。


熊本にお住いの方々は、どんな朝をお迎えでしょうか。


今朝は少しだけひんやりしましたね。どうか、暖かな毛布や布団が皆様の手元にありますように。少しだけでもあたたかな朝食が届きますように。

 

 

さて、先日、楽しみに待っていた包みが滋賀から届きました。

 f:id:totokamomepan:20160419084657j:plain

実は我が家は、自分たちで買ったタオルを一枚も持っていませんでした。

頂き物やジム入会でもらった派手なタオルを「なんだかな~」という違和感を抱きつつ使っていました。

 

タオルの捨て時、皆さんはどうしていますか??

 

半年前にバスタオル使用をやめ、手を拭くのも、お風呂上がりの体を拭くのもすべてフェイスタオルに統一。

 

かさ張るバスタオルがないだけで、狭い洗面所の使い勝手や見た目がグーンとアップしたり、洗濯が楽になったり、お風呂上りに濡れたバスタオルをどう保管するかの問題が解決したりと、本当に快適になりました。

 

先日、図書館から届いたこの本を読んでいて・・・

 f:id:totokamomepan:20160419084603j:plain

滋賀で素敵な暮らしを送られている「高阪知美さん」の記事に目が留まりました。

 

ちょうど、そろそろいい加減タオルを何とかしたいな・・・と思っていたところ。


前回の良品週間のタイミングだったので、最初はコチラに一新しようかと思っていました。

www.muji.net

 

タオルって、なかなか決めてが難しくないですか?


手触りにこだわれば値段は上限がありませんし、できれば一気に同じものをそろえたい。

でも、本当に自分の好みかどうか、使っていったらすぐごわごわになってしまうんじゃないか・・・

色々考えてしまって、なかなか新調できずにいました。

 

本の中で高阪さんが作られているガーゼタオルの写真を見たとき、「これだ!」とビビットくるものがありました。

 

高阪さんのアリサラ舎のホームページはこちら。

ガーゼケット ガーゼタオル 名入れギフト|アリサラ舎|オーガニックコットン

 

我が家が購入したのは「毎日タオル」のLサイズ(フェイスタオル大)です。

 

最近はフェイスタオルでお風呂上がりの体を拭くことにもすっかり慣れ、1枚で私、子供二人を余裕で拭いています。

 

一日に使う枚数は、私・子供たちで1枚、旦那さんが1枚、旦那さんがジムに行くとき用で合計3枚。これが2日分と、予備1枚で7枚を購入しました。

 

本当はこの他に、洗面所、キッチン、トイレ×2が必要ですが、取りあえず使ってみて、気に入れば追加で作っていただこうかと思いこの枚数を注文しました。

 


今時珍しい、クレジットカード決済なしのネット販売。


最近のネット通販では、注文とほぼ同時に確認メールが自動送信されますよね。


「アリサラ舎」さんにはそういった機械的なやり取りは全くありません。

 

注文した翌日に、高阪さんから直接お電話をいただきました(私が利用しているメールがフリーメールだったため、うまく届いているかの確認をしてくださいました)。

 

メールの文面も、定型文ではなく、きちんと私に向けて高阪さんが書かれたもので、やり取りのたびに、どんどんお人柄に惹かれ・・・

こんな素敵な方が作られるタオルがもうすぐ届くと思うと、楽しみな気持ちが倍増し・・・

 

インターネットを通じた買い物の中で、こんなにも“相手を感じる”買い物は初めてでした。

 


届いた包みの送り状にも手書きでこんなメッセージが。

 f:id:totokamomepan:20160419085029j:plain

包みの中に同封された納品書にも手書きでお手紙が添えられており、カード類もほっこりと心温まるものばかり。

 f:id:totokamomepan:20160419085415j:plain

f:id:totokamomepan:20160419085457j:plain

お手紙の中には「届いた状態は最底辺です」とはいう内容の言葉がありました(写真を撮る前に次女の餌食に・・・ショック!)。


使い込むうちにふんわりとガーゼが育っていくとのこと。

 

今までタオルは消耗品だと思っていました。

でも、今回アリサラ舎さんのタオルを購入させていただく過程を通して、こんなにも大切に作られたタオル、今度は我が家で大切に育てていこうと心から思うのでした。

 

使用感については、また後日ご紹介できたらと思っています。

今はオーガニックコットンの油分を落とすために、何度も洗濯にかけている途中なので。

 

 

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


最後にちょっとほっこりショット。

長女を送ったあと、次女と近所の神社に散歩に行くのがここ最近の日課です。

f:id:totokamomepan:20160419085310j:plain

スポンサーリンク