読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

『エコな生活』と手作りイチゴジャム

「食べる」こと シンプルライフ

 

2日ほどシレーっと朝のブログ更新をお休みしてみました。笑

 

昨日の朝はどうしてもやりたいことがあったのと、今朝は溜まりに溜まった仕事の事務処理を一気に片づけました。

 

ワクワクを優先したいとはいえ、やっぱり社会人ですし、「やらなきゃいけないこと」はたくさんある。

 

溜まっていると何だかそわそわするので、取りあえず今年度の仕事を始められる準備が整い、気持ちがすっきりしました。

 

4月13日に発売されたマキさん新刊『エコな生活』

発売日翌日には手元に届いていたのに、なかなか手が付けられず。。

 f:id:totokamomepan:20160417143604j:plain

昨日一気に読破しました。

 

読んでいて、不思議なシンクロがたくさん!

私が考えていた事や、やってみたかった事が、マキさんによって素敵に「デザイン」された形で本の中にちりばめられていて、「ナナホシ~それでいいんだよ~あなたの目指している方向はあってるよ~」って先導してもらった感じです。

 

(「はじめに」より)

きなこは大豆からできていることを知っていますか?

ツナはマグロからできていることを知っていますか?

 

たぶんこの本をお読みの皆さんは知っていると思います。

では子どもたちはどうでしょう?

きなこはベージュの粉で、ツナは缶詰に入っているもの。

そんな子どもたちが多いのではないでしょうか。

 

ごはんを子どもたちに食べさせるのはママの大切な役目だと思います。

でもその前にある、素材の持っている魅力を伝えていくのも

ママの大切な役目だと思うのです。

 

 

一昨日、次女を連れて商店街の近くの公園に遊びに行った際、八百屋さんで小粒イチゴが2パック500円で売られていました。

 

そうだ、ジャムが切れていた!

 

と、ホクホクしながら可愛いイチゴを連れて帰ってきていたところに・・・

 f:id:totokamomepan:20160417143651j:plain

よし、これは作るしかない!

と、昨日は朝からキッチンを甘くて幸せなイチゴの香りで充満させ、いい気分に任せて朝食にはホットケーキを焼きました。

f:id:totokamomepan:20160417143733j:plain

 f:id:totokamomepan:20160417143807j:plain

写真撮影を待ちきれない長女の手が写っています。笑

 

私自身、ブログを始めたことをきっかけに、自分の生活、特に「食」について深く考える機会が増えました。

 

「買わない習慣」を通して、

 

ジャム

ホットケーキミックス

ドレッシング

加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコンなど)

鮭フレークやふりかけ

ベビーフード

レトルト食品

和えるだけのパスタソース

〇〇のタレなどの便利調味料

冷凍食品・・・

 

今まで必需品だと思っていたものをすっかり「断捨離」することができています。

なるべく素材を買って、自分の手で作り上げた食べ物を子どもたちに食べてもらいたい。

 

でも、マキさんの本を拝見して、まだまだできることはたくさんあるのだなあということを知りました。

それもどれもとっても簡単!

 

マヨネーズ、ほうほう、こんなに簡単に手作りできるのか~!せっかく生活クラブで美味しい卵が毎週手に入ることだし、今度作って、鳥ハムと一緒にポテサラにしよう!

 

(生活クラブに関する過去記事はコチラ↓)

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

totokamomepan.hatenablog.com

 

リンゴバタージャム!今までリンゴジャムはよく作っていたけれど、今度美味しいリンゴが手に入ったらやってみよう!

 

え~切り干し大根ってこんなに簡単にできるのー?!

 

本にかじりつきながら、驚いたり、うなづいたり、のけぞったり・・・

多分傍から見ている人がいたら、かなり変な人だったと思います。笑

 

本の中には、「食」だけではなく、エコな暮らしのための日用品をはじめとしたモノの選び方(マキさんお馴染みパックスナチュロン私も愛用中!)、ごみを減らすためにできること、マキさんのミニマムで素敵なファッションなどなど、丁寧にシンプルに、そして自然にやさしい暮らしを目指している人なら誰もがお手本にできる実践がたくさん紹介されています。

 

完成品を買い集めることに喜びを感じるのではなく、

自分の手を少しだけ加えることの楽しさを知ってもらいたい。

(「はじめに」より)

 

まさに、マキさんの思いがちりばめられた、本当に素敵な本でした。

さすがご本人の予告通り、どストライク!!笑

 

マキさんの「シンプルライフ研究家」という肩書が、いつか職業のように認知度が上がっていくのではないかと密かに思っているところです。

 

かつての「料理研究家」のように。

 

将来の夢(目標)、「シンプルライフ研究家!」。

手帳のワクワクリストに書き込みました。笑

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

(そしてブログの更新同様、「あな吉手帳」ネタをシレーっとスルーしてすみません。汗 今日はどうしてもこの話題を書きたかったので。。)

スポンサーリンク