読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

「買わない習慣」の思わぬ効果  イベントごとを心から楽しめるようになった

「こども」のこと 「食べる」こと

 

私は、家族の誕生日や記念日などのイベントごとが苦手でした。

 

特に、子ども関連のイベントは、

 

「何か手作りで、子どもたちを喜ばしてあげなきゃ」

と気負ってしまい、

うまく買い物やその他の準備の段取りを整えるのにやきもきし、

思い描いていた素敵な会にできず、

直前まであくせくと準備に追われながら、「なんで自分だけこんなに頑張らなきゃいけないんだ?!」と、のほほんとしている旦那に不要な怒りを覚え・・・

 

毎回、これでは本末転倒だ、、、と反省しへこむのですが、なかなかうまく楽しむことができずにいました。

 

 

昨日は、長女の3歳の誕生日でした。

 

 

3月生まれの特権だなぁと思うのは、みんなが誕生日を心待ちにしてくれること。

 

同じ学年のお友達の中で、最後に誕生日を迎えるためか、

「〇ちゃん、今日お誕生日だよね?!」

「やっと〇歳なんだねぇ」

「待ちに待ったよねぇ」

といろんな人に声をかけていただきました。

よく行く児童館の先生には、道でばったり出会っても祝ってもらえるほどです。笑

 

 

「無買週間」以降、1週間分の食材や消耗品を日曜日にまとめ買いする習慣が定着しました。

過去記事はコチラ

totokamomepan.hatenablog.com

 

でも、それほどストイックにはやっていないので、週の後半だし、必要な食材はその日に買いに行けばいいやと、特に誕生日用の食材は買わずに1週間がスタート。

 

プレゼントは、長女が以前からほしがっていた長靴にしようとぼんやり考えていましたが、今週は仕事が金曜にしかないため、週のどこかで買いに行けばいいかと思っていました。

 

ところが、今週は雨と幼稚園行事と次女の機嫌に振り回され・・・

気づいたらもう水曜日!(誕生日は木曜日)

わあ、どうしよう・・・

と、思っていたところへこんないただきもの。

 f:id:totokamomepan:20160311053323j:plain

 

主人の職場の方が娘さんのお古をくださいました。

本当にたまたま、サイズぴったりの、しかも長女好みの可愛らしい長靴。

これは何かの縁だろう、と、この長靴をプレゼントにすることに決めました。

 

少し前なら、新品じゃないものをプレゼントにするなんて、とても抵抗があったと思います。

 

でも、今回は自然にこの選択をしていました。

人の縁に感謝しながら、頂いた長靴をきれいに拭き上げ、長女との3年間の時間を振り返りながら心を込めてラッピングのリボンを結び・・・

 

買っておしまいの新品では味わえない、何とも素敵な時間を味わわせてもらいました。

 

夕飯のメニューは、買い置きしてあったひき肉を解凍して、長女の好物メニュー、「ハンバーグ丼」と「コーンスープ」に決めました。

どちらも簡単で美味しいナホシ家の定番メニューです。(本当に簡単なので、いつか記事を立ててご紹介しますね!)

 f:id:totokamomepan:20160311053448j:plain

長女は特別、アンパンマンバージョンで。表情をお見せできないのが残念!いいリアクションしてくれました。

 

ケーキは、近くにできたシャトレーゼに買いに行こうと思っていたのですが、昼間、次女が思いのほか公園で楽しそうに遊んでいたため、急遽買いに行くのをやめ、二人がお昼寝のゴールデンタイムを使って手作りすることに。

 

ふと閃いて、次女も食べられるような、フルーツたっぷりのプリンケーキを作りました。

 f:id:totokamomepan:20160311053626j:plain

こちらも大歓声!

 

ティーマの21㎝ボウルいっぱいにカスタードプリンを作り、水切りヨーグルトとフルーツでデコレーション。

 

長女はもちろん、次女ももりもり食べました。

 

プリンのレシピはコチラを参考に、無水鍋で作りました。

cookpad.com

 

 f:id:totokamomepan:20160311053710j:plain

これはプリンを蒸しているところ。

無水鍋、ご興味ある方はこちらの過去記事もどうぞ。

「無水鍋」と栗久のおひつ - トットちゃんとカモメとパン

 

 

 

「買わない」という選択をすることで、「買う」ための時間や労力を、「楽しむ」ために使えるのだなあと感じる今日この頃です。

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク