読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トットちゃんとカモメとパン

北欧大好き。コーヒー大好き。シンプルで丁寧な小さな暮らしを模索中。時々、トットちゃんのような個性的な子どもたちのサポートについても綴っていきたいと思います。

読書の仕方 「積極的に本を読む」

皆さんは、本、好きですか???

 

私は、実は、大学院に入るまで、読書が嫌いでした。

 

と、いうか、活字が苦手で、雑誌なら読むけれど、活字しかない本を、授業の課題でもないのに読む、ということがどうしても楽しいと思えない人でした。

 

大学院の恩師があるとき私に言い放った一言「きみ、この小説知らないの?教養ないね~」

 

カッチーン。

 

恩師は、その道では日本の第一人者の一人である、とても権威のある方です。

憧れて、研究室に入りましたが、入ってしまうと、口の悪いおじちゃんで。笑

(あ、これは一応、愛をこめて言っています。笑)

 

夏になると、クーラーが苦手な私と、熱いのが苦手な先生とで、エアコンスイッチバトルが繰り広げられたり、「小説読んだ?」「読んでません」「教養ないね~」の応戦をしたり。笑

 

でも、そんな先生の口の悪い叱咤のお陰で、少しずつ読書をするようになった私。

 

負けず嫌いなんですね。苦笑

今では恩師に感謝しています。

 

 

そんなわけで、私の読書歴は、年齢の割に非常に浅い。

 

読書って、得意不得意もあるけれど、読むスピードって、慣れが大きいように思います。

 

最近はまって読んでいた、成功哲学系の本には必ず、「本はたくさん、同時進行でよめ」「一字一句読もうとするな」といったノウハウが書かれていました。

 

でも、それの方法は向き不向きがあるように感じます。

 

まして、読書歴の浅い私が、いわゆる「多読」をしようとすると、一つもちゃんとした内容が頭に残らず、少しかじり読みして、最後まで到達しない本の山ができてしまいます。(体験済み。苦笑)

 

そこで、自分にあった読書の方法を考え、今実践してみています。

 

広告

 

「積極的に本を読む」

どんな風に、私が本を読んでいるか。

 

名付けて「積極的に本を読む」

 

何のひねりもないネーミングですみません。汗

 

私が読書に求めるものは、もちろん、小説など、純粋に本の世界に浸って楽しむ「娯楽」という目的もありますが、主には、自分の知らない世界や知識を得、自分の暮らしに役立てる事、自分の人生をより豊かにする事、だと思っています。

 

だから、本の内容を、一つでも自分のモノにしたい。

 

私、本を読むのが物凄く遅いです。

 

読みたい本はたくさんある。

 

だから、以前は、気になったら即図書館で予約して、いろんな本を手元に置くようにしていました。

 

図書館を有効利用するならこのアプリ→「持たない暮らし」に役立つアプリ 「Libraroid」と「図書館日和」 - トットちゃんとカモメとパン

 

でも、それだと、冒頭に書いたようなつまみ食い状態が起きてしまう。

 

そこで、

 

①手元に置くのは1冊

②最初から最後までじっくり読む

③「へ~」「ほ~」と思ったところにはどんどん付箋を貼る

④読み終わったら、必ずアウトプット

⑤読み終えてから次の本を購入する

 

というルールを作り、1冊の本とじっくり向き合うようにしています。

 

本の内容を身に着けるには、アウトプットが重要!

私が最も大切にしているのは、本の内容のアウトプットです。

本って、読んでいる最中や、読み終えた直後は、とても影響を受け、やる気に満ちていても、数日たつと、その高揚感はどんどん薄れてしまいます(少なくとも私は)。

 

そして、いつしか忘れてしまう。何も実践しないうちに。。

 

だから、私は、忘れないうちに、自分の言葉でアウトプットをするようにしています。

 

ブログに書評を書いてみたり、付箋を貼った個所をPCで書き出してみたり、色々と試しましたが、今定着しつつあるのは、手帳に、読書感想文を書く、ということ。

 

読書感想文っていうと、ちょっと面倒くさそうですが、ようは、思ったことの殴り書きです。笑

 

必要に応じて、引用も書き写しますが、手書きだと、そんなに量書けないので、自然と重要だと思ったところのみがピックアップされます。

 

PCで書いていた時は、とにかく気になったところは全て書き出せてしまうので、後で読み返したとき、「で?一体どこが大事なんだ??」となってしまいました。

 

手帳に「Book」という項目をつくって、読んだ本のメモを書き溜めています。

この程度のメモなら、

ちょっとした隙間時間を有効活用できるので、気軽に本を自分の身にすることができ、気に入っています。

 

ちなみに、この時は、子どもたちが「トトロ観る~」といった傍らで書き書き・・・。

 

スピードは遅いし、効率も悪いですが、私にとっては、1冊1冊じっくり読んで、自分の糧にする方が、読書の価値が高いような気がしています。

 

 

多読が向かない方、是非「積極的に本を読む」、お試しくださいね。笑

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ちなみに写真中の本はコチラ↓

一流の人はなぜ、そう考えるのか?

一流の人はなぜ、そう考えるのか?

 

 う~んと思う内容もありましたが、一流の人の食事や健康に対する考え方の章はとても面白かったです♪

 

【宣伝】

妹ブログ、「心理士ナナホシ、整理収納アドバイザーを目指す。」

今日も更新しています~。

totokamomepan-seirishuno.hatenadiary.jp

【お知らせ】新たなたくらみ、新たなブログ。

「わたし」のこと

 

おはようございます。

 

全くの余談ですが、みなさん、ツナが作られる過程を見たことありますか??

 

昨日、インフルで欠席している長女のお陰で、普段は朝家事のラストスパートに追われている時間に、のんびりTVを眺めていたナナホシです。

 

子どもたちと何気なく、『みぃつけた』を見ていたら、クルットさんが色々なモノのできるまでを紹介するコーナーで、ツナの作られ方が紹介されていました。

 

できてく、できてく、なにができてく・・・♪

 

可愛い音楽とは全く相いれない映像が流れて、思わずくぎ付けに。。。

ひえ~、これ、ちょっとエグイです。。

子ども番組でサラッと流すんだ、NHKやるなあ。。。

わ~、もはやこれは食べ物というより工業製品じゃないですか・・・

あの、噴射されている水、なんだろう・・・(恐)

 

初めは、「きっと、すごい匂いなんだろうな・・・こんな中で毎日ツナを作ってくれている人がいるのだな・・・感謝していただかないとな・・・」という気持ちで見ていたのですが、途中から、食べるのが怖くなりました。。

 

百聞は一見に如かず。

成分表示を眺めているだけでは伝わってこない、食に対する危機感を子ども番組から学んだ、という小話。

 

広告

 

 

本題。新しいブログ、始めました!

すみません、どこかでこのモヤモヤを吐き出したくて。笑

 

本題に入ります!

 

新しいブログ、こっそり立ち上げました!!

 

そして、新しいたくらみ、始めます。笑

 

私ナナホシ、このたび、本気で「整理収納アドバイザー」1級取得を目指したいと思います!

ほぼ下調べなしで、勢いで先にブログを立ち上げるという、相変わらずなナナホシぶりですが。笑

 

「整理収納アドバイザー」

今では知らない人はいないくらい、知名度のある資格ですよね。

 

そんな資格を、なぜ、主婦のナナホシが?

心理士・教室主催・・・色々ライフワークを持っているのに、なぜ、わらじを増やす??

なぜ、このタイミングで??

 

いいですね、疑問に思ってください。笑

 

その辺のストーリーは、おいおい、新ブログで綴っていきたいと思っています。

ブログ運営期間は、ユーキャンの資料が手元に届いた、昨日、「2017年2月27日」から、無事1級資格を取得するまで。

 

その道のりを、日記形式でレポします。

 

同じように、主婦をしながら資格取得を目指す方の参考や励みになれば、そして、読者の皆さんの疑似資格取得体験として楽しんでいただければ、という純粋な気持ちで書いていきます!

 

まだ、アイキャッチ画像すらない、ひよっこヨチヨチのブログですが、どうぞ温かく応援してください!

totokamomepan-seirishuno.hatenadiary.jp

誰かいいアイコン作ってくれないかな~笑 

 

楽しくなるぞ~っ >▽<

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

【手間貯金】週末はじっくりコトコト重ね煮

時短 「食べる」こと

 

先日、とっても素敵なママ友ちゃんに、こんなことを言われました。

 

「ブログ、とっても参考になりました~特に重ね煮!あれ、いいですね~!!」

 

!!!!

そういえば、最近作っていなかったな、ということを、こんなに嬉しいお言葉で気づくという、何とも無自覚なナナホシです。爆

www.nanahoshi-hiroba.com

 

そんなこんなをきっかけに、また最近、基本の重ね煮を常備菜として復活させていたのですが、少し前に、「ミニマルライフと暮らしごと」のゆくりさんがこんな記事をアップされているのを見て、そうだそうだ、基本だけじゃなくて、色々自由にやったらいいじゃない。と思い立ちました。

yukurinko.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

 

時間のある週末は、コトコト煮込んだ重ね煮を作ろう!

最近、週末になると、野菜室にある野菜をとにかく重ねて、バリエーション豊かな重ね煮を作るようになりました。

 

作り方の詳細は、一番上にリンクを貼った過去記事に書いたので、そちらをご覧くださいね♪

 

野菜の持つ「陰陽」を何となくわかっていれば、順番どおりに、切っては重ね、切っては重ねし、弱火でコトコト30~40分火にかけていれば出来上がります。

 

そうそう、重ね塩は忘れずに、ね!

 

ちなみに、昨日作ったのは、

 重ね終わったところなので、分かりにくいですね。汗

 

下から、しめじ、ほうれん草、玉ねぎ、レンコン、サツマイモ、ジャガイモ、人参を重ねました。

 

半分はお鍋に残してシチューに。(フライパンで焼き目を付けた鶏肉も投入!)

 

そして、半分は野田琺瑯の保存容器に移して、冷蔵庫で待機です。

常備菜入れとして愛用しているのは、レクタングル。

深型のSとMが使いやすいですが、重ね煮はいつもMで。

野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M

野田琺瑯 レクタングル深型M ホワイトシリーズ WRF-M

 

 

この重ね煮は、我が家の場合は、ほぼおみそ汁の具に消えるのですが、仕事が立て込むことが分かっている週は、倍量作って、カレーにリメイクしたり、攪拌して牛乳で伸ばしポタージュを作ったり、パスタの具にしたり、マカロニとチーズを加えてグラタンにしたり・・・と本当に活用の幅が広いです。

 

今回は野菜7品目。

 

いちいち切っていたら、とても時間がかかりますが、しっかり火が通っている状態で、待機していてくれるので、調理の大幅な時短が叶います。

 

水を一切使わず火を通すので、日持ちするのも嬉しい。

 

何なら、冷凍しちゃっても大丈夫です。

 

ある程度食べられるものが増えた、中期以降の離乳食にも重宝しますよ♪

 

 

家事は段取りが命。

まとめて下ごしらえができ、色々展開できる万能常備菜、重ね煮は、忙しい主婦の味方です。

 

是非、基本を覚えて、色々とアレンジしてみてくださいね♪

 

有名なのは、「わら」という宿とコミュニティを主催されいてる船越さんと、

ひとつの鍋から幸せひろがる 野菜たっぷり重ね煮レシピ

ひとつの鍋から幸せひろがる 野菜たっぷり重ね煮レシピ

 

 

重ね煮といえば!戸練ミナさんあたりでしょうか。

重ね煮レシピ100 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)

重ね煮レシピ100 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)

 

 

どちらも図書館で借りて読みましたが、微妙な違いはあるものの、重ね煮の基本や、たくさんのアレンジ方法がバランスよく載っていて、とても分かりやすかったです♪

 

ちなみに、私は船越さんがすき。笑

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

やっと一端のブロガーっぽくなれました。当ブログのアフィリエイト参加表明

「わたし」のこと

 

おはようございます。

今日の記事は面白くもなんともないので、飛ばしてください!笑

 

先日、実は実は、何と、何もすることなく、ブログの1周年が、さささーと過ぎました。苦笑

 

実は、2月19日に迎えた当ブログの1周年に向けて、「そろそろ、一端のブロガーっぽく、独自ドメインを取って、ブログの収益化を整えようか」と思っていたナナホシです。

 

みなさん、ブログって、お金が稼げるの、知ってましたか??

 

そんな!

ネットでお金を稼ぐなんて、怪しいに決まってる!!!!

 

私、そう思っていました。

でも、フォローさせていただいている、素敵なブロガーさんたちの記事を通し、少しずつアフィリエイトに興味を持ち、知識を得るごとに、「ほうほう、そういうことか。なんだ、全然怪しくも、不健全でもないじゃない」ということを知り。

 

稼ぐぞ!

 

なんて気持ちはサラサラありませんが、好きなブログが、お小遣いにまでつながったら、そんな嬉しいことはないよね。

何より、独自ドメインってかっこいい!

 

という単純な動機から、Amazon、楽天、Googleのアフィリエイト参加の下準備を進めていました。(Googleは厳密にはアフィリエイトではなく、PPC(Pay Per Click)というくくりに入るみたいです)

 

やっとこさ、3つ整えることができたので、規定に従って、参加の意思表明をいたします!以下、定型文ですので、ここまで読んでくださったお優しい方も、読み飛ばして下さって結構です。笑

 

夕方、手間貯金のブログをアップする予定なので、そちらを是非ご覧ください~^^

 

スポンサーリンク

 

 

Amazonアソシエイト

当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

楽天アフィリエイト

当ブログはrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。

 

Googleアドセンス

・・・ネットでひな形が見つけられませんでした。

と、いうか、Googleアドセンスに参加する場合には、ブログ全体のプライバシーポリシーを明記する必要があるようです。

 

プライバシーポリシー??

 

勉強してから、改めてきちんとした表明をしたいと思います。

 

最後に一言!

Googleアドセンス、審査に通るの大変でした・・・涙

 

インターネットに詳しい方なら、なんてことはないんでしょうね。

 

LINEの友達登録すらまともにできず、いつも人にやってもらっているナナホシです。

 

そんな機械音痴?ネット音痴?(もしかしてそれ以下??)の私にとっては、カタカナだらけの用語を、まず一つ一つ理解することから始めなくては行けなくて、「よし、やってみよう!」と思い立ってから、Googleに合格通知をもらえるまで、2か月はまるごとかかりました。

 

途中で、まだ広告作成すらできない(サイトがフリーズしちゃってたんですよね。調べてみたら、そういうことってよくあるみたいです。)状態のまま、不合格通知が届いたりして、「あー、これはもうやるなってことかな。」とあきらめかけていたら、Googleさんからテンションの高い合格通知をいただきました。

 

え?なにこれ?

 

と、正直、Googleさんのテンションの高さについていけませんでしたが、何はともあれ、一応始められたみたいなので、違反にだけは気を付けつつ、慎ましく利用していきたいと思います。

 

こんな私が頼りにしていた、『ブログ飯』で有名な染谷昌利さんのご著書は、今後も手元に置きながら、読者の方にとっても有益なブログであり続ける努力をしていきたいと思っています!

Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57

 

 参考書っぽい体裁だけど、とてもとても分かりやすいです!

 

 

何か新しいことを始めるって、エネルギーいるんだなあ・・・(疲)

 

 

最後まで読んでくださった方がいらっしゃっいましたら、多大なる感謝をいたします。

今日もありがとうございました!!!

早起きの強い味方 モーニングページ

時間管理・手帳術

 

おはようございます。

 

長女が、インフルになった模様です。。。

いや、昨日受診した時点では、反応は出なかったのですが。

 

処方してもらった解熱剤を飲んでも熱が38度以下に下がることはなく、ぐったりしています。今日、休日診療へ行って、リレンザをもらってきたいと思います。爆

 

そんなこんなで、昨日はずっと付ききりで看病。

 

しかも、元気100倍いたずら盛りの次女の相手もしつつ、長女の眠りを妨げない配慮もしつつ・・・の一日だったので、何だか、何もしていないのにどっと疲れました。

 

でも、今朝もちゃーんと4時に起きましたよ!(いつもは3時起きなので、あーよく寝た!という感じ。笑)

 

今日は、「早起きできるようエールをください!」というリクエストにお応えして(できてるか分かりませんが。汗)、私の早起きの強力な味方である、「モーニングページ」のご紹介をしたいと思います!

まっちゃさん、コメントありがとうございました~^^

 

スポンサーリンク

 

モーニングページとは?

 

皆さま、「モーニングページ」ってご存知ですか??

 

私はフォローさせていただいているブロガーさんたちの記事で、初めて「モーニングページ」という言葉を知りました。

mount-hayashi.hatenablog.com

www.minorijinsei.com

 

もともとの出どころはこちらの本。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

おお、これ、私知ってるわ!!ずいぶん前に図書館で借りて読んだわ!!!

と、思ったのですが、今回はきちんと読んで実践したかったので、改めて中古本を購入しました。

 

モーニングページとはなんだろう?ひと言でいうなら、3ページほどの手書きの文章であり、意識の流れをありのままにつづったものだ。(p.25) 

もっとくだけた言い方をするなら、それは「脳の排水」と呼んでもいいかもしれない。脳の中を掃除することが目的だからである。(p.26)

 

とにかく、朝起きてノートに向かい、頭に浮かんだことをそのまま文字として書き出していく作業。これがモーニングページです。

 

ここには何もルールはなくて、くだらない事でも、愚かだな、と思う事でも、人の悪口だって、頭に浮かんだのであれば、何でも書き留めていいのです。

 

ただ手を動かし、頭に浮かんできたことを捕まえて、文字にしながらノートに吐き出していくイメージ。それをひたすら3ページ続けます。

 

最初は、「こんなことで何が変わるんだろう?第一3ページも書くことないよ」と思いながら始めた私ですが、今では、このモーニングページがあるから、毎日早く起きられるし、もっというと、一日を自分でコントロールしながら生きている、そんな感覚を味わうことができています。

 

自分が起きられない理由を考えてみる

モーニングページに私がドンピシャリとハマった理由は、もしかすると、私の「起きられない」理由とぴったりフィットしたからなのかもしれません。

 

早起きって、つらいですよね。

 

布団の中は気持ちがいいし、もっとずっと、ぬくぬくしていたい・・・

 

みんなそう思うものでしょ?!

 

ここを突破して、起き出すには、布団の外に、布団の中に打ち勝つ何かが待っている必要があると思います。

 

早起きの方法を紹介した書籍などもたくさん読みました。

 

 

ほほう、睡眠のリズムを科学的に理解すると早起きができるのか・・・。

 

ダメでした。

 

ほ~ご褒美を用意する、ね!それいいかも!

 

続きません。苦笑

 

 

色んな人がいるので、きっと、この方法でうまく早起きができる人もいるのでしょう。でも、私はなかなかうまく定着せず。

 

そこには、こんな理由が隠れていたことに、あるときふと気づきました。

 

目覚ましの音で目が覚めて、私が布団の中でうだうだやっていた事。

 

“今日って早く起きてお弁当作らなきゃいけなかったんだっけ?あ~仕事の報告書も書かなきゃいけないし。。でもブログも書きたいなあ。本も読みたいな・・・あれ?今日ごみの日?わ~パパが忘れないようにちゃんと袋に入れておかなきゃ・・・あ!幼稚園の連絡帳って今日提出?!いや、明日だった気がする。うん、そうに違いない。だから今日はもう少し寝ていてもいいのかもしれない。ソワソワソワ・・・ウトウトウト・・・”

 

起きてからの事が、頭の中でグルグル回りだして、考えているうちにソワソワして、何だか起きたくない気持ちが強くなってきてしまい、気づいたら2度寝に突入していた!!ということが本当に多くありました。

 

この、頭の中でグルグルと回転している「思考」を、何も考えないで起きて、ノートの上で吐き出す。

 

大丈夫、ちゃんと吐き出せる先があるよ。

 

これが、私にとって、起きるときのハードルをものすごく小さなものにしてくれました。

 

形にこだわらず、まずは定着させること!

ただ、モーニングページを始めてみよう!と思っても、手書きで3ページも書くのは正直ハードルが高いです。

 

ましてや、早起きすら定着していなかったときの私には、いくら素敵なノートを用意したところで、布団の魅力に打ち勝つことはできなかったと思います。

 

どうしたもんじゃろの~(トト姉)

 

と、思案していたところに、みのりさんのこんな記事を発見。

www.minorijinsei.com

 

お~なるほど、手書きじゃなくてもいいのか~そのアイデア、いただき!!

と、いうことで、いつもよりも30分だけ早く起きて、PCのWordを使ったモーニングページを始めました。

 

この方法がまた、私にドンピシャリ。

 

仕事柄、たくさんの所見や報告書をPCで作成します。

だから、考えが脳内を泳いでいくスピードとほぼ同スピードで、文字を打ち出すことができます。

何なら、目をつむってたって書けます。笑

 

PCを使って書き始めると、何とも言えない心地よさが自分の中に流れることに気づきました。

 

ああ、これって瞑想だよね。そうだ、瞑想してる時の感覚に似てる~

 

私は、初心者で、本を読みながら自己流にやっているだけなのですが、時々目を閉じて自分の頭の中に流れてくる思考を「ただ眺める」ということをやってみています。

 

そこに何の評価も、感情も付け足さず、ただ、眺める。

 

モーニングページは、それを眺めながら、捕まえて、書くという方法で吐き出していきます。

 

この感覚、まさに瞑想に近いと思います。

だからか、3ページ書き終わるころには、本当に頭がすっきり!そして、必ずポジティブで静かな気持ちで、朝をスタートさせることができます

(ノートには自分でもびっくりするくらいブラックな言葉や、ネガティブな事も満載だったりするのですよ。ホホホ)

 

PCなら3ページという量も、比較的簡単に書き出すことができるので、気軽に続けることができました。

 

今は、毎朝PCを立ち上げるのが面倒ということや、手書きで書くことの良さ(PCとは質的に異なるな~というのを感じています。また追々、記事立てます!)を実感しているので、ノートと鉛筆を使ってモーニングページを書いています。

 

でも、何事も習慣化するまでは、「正しい方法」にこだわらなくても、とにかく定着させることを目標に、自分にとってやりやすい方法にアレンジすればよいと思いました。

 

 

今、私は毎朝ほぼ崩すことなく3時起きを実現しています。

 

家事がスタートする5時まで2時間。

 

まるごと自分の自由に使える時間がある、ということで、私の人生はどんどん充実し、加速している感じを味わっています。

 

みなさん、3時に起きましょう!

なーんていうつもりはサラサラありませんが、10分でも、20分でも、自分のためだけに使える時間を、自分の手でつかみ取る、というのは、何とも言えない達成感があります。

 

是非、一人でも多くの人に、この感覚を味わってもらえたらな~というのが正直なところです。

 

何かの一助になれば、幸いです。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!!

食器洗いの工夫

掃除・洗濯・家事の工夫

 

私は家事の中で食器の後片付けが最も嫌いです。

 

一時期は本気で食洗器の導入を考えていたくらい。

いや、我が家のせまいキッチンに食洗器を導入するなんて、はなから無理な話なのですが。

 

どうしたら洗い物が手早く、苦にならずできるのか。

 

毎日毎日そんなことを考えながら過ごすうちに、「そういえば、最近、全然苦にならなくなってきたな」っていうレベルに達していることに気づきました。

 

私は、家事は小さな小さな段取りや、工夫の積み重ねで、何倍にも楽になると思っています。

今日は、私の重ねた、洗い物の小さな工夫をご紹介します。

 

ポイント1 食器の定番をもつ。

これは、今朝の食後に、食器を下げる過程で一旦カウンターへ並べたところの写真です。食後の写真そのままです・・・あんまりきれいな写真じゃなくてスミマセン。

 

実は、毎日、朝も夜も、食後はほぼ同じような光景がカウンターに並びます。

 

洗い物の工夫その1は、毎日、毎食、同じ食器を使いまわすこと。

 

ご飯、お味噌汁、おかずのワンプレート。

これに、のりや、納豆、漬物、ふりかけなど、ご飯のお供を各自が食べるスタイル。

 

毎朝、これが我が家の定番です。ワンプレートのお皿の中身が変わるだけで、お皿自体や、使う枚数はいつも固定です。

 

夕飯も、手抜きで麺類やどんぶりにするとき以外は、大体このパターン。

1匹の焼き魚などの時は、ティーマがアラビアの24hに替わるくらいです。

 

我が家の食器事情についてはコチラ☟

北欧の食器たち 私のお気に入りをご紹介 - トットちゃんとカモメとパン

【片づけアドベントチャレンジ】ティーマの小皿と朝ごはん - トットちゃんとカモメとパン

【北欧食器】何でもない食卓をオシャレに変える!ブラパラとティーマの底力 - トットちゃんとカモメとパン

 

一時期は、いかに使う食器を減らすか、を考えて、夕飯の自分のご飯は、ブラパラのスープボールにご飯をよそい、その上におかずを全部乗せするという、何とも品のない夕飯を試したときもありました。

 

でも、色々試して行きつきました。

 

お皿の枚数を減らすよりも、毎日同じ枚数の、同じ食器を洗う方が、慣れるし、早いな、と。

 

家事の効率化を図るとき、いかにルーティン化して、手が、身体が、勝手に動くくらいまで慣れるか、ということが結構重要な気がします。

 

ポイント2 重ね方・シンクの置き方の工夫。

オズさんの新刊を読んで、食器をシンクに置く時にも定位置を作っていることを知り、衝撃を受けました。

 

本の紹介記事はコチラ☟

【本の紹介】 オズさんの新刊 『追われない家事』 - トットちゃんとカモメとパン

 

これは、先ほどのカウンターの食器を、シンクに置いた時の様子。

家族4人分の食器です。

 

オズさんのように、シンク内での場所までは固定していませんが、どの食器を、どの食器と重ねるか、

 

どんな順番で洗っていくかは、大まかに決まっています。

 

基準は、食器棚にしまう時の状態。

 

完成形がこの状態。

食器棚に重ねてしまうものが、拭き上げられた時に、順番どおりに重なるように逆算して、洗う順番が決まっています。

 

洗い終わりは大抵こうで、

 

 すぐ拭き上げ、ワークトップにこうなります。

 

何か月も前に、水切り籠を断捨離してから、我が家の洗い物は、拭いて、しまうところまでが一仕事になりました。

水切り籠なし生活 日々の工夫① 作業効率を考えた小さな段取り - トットちゃんとカモメとパン

 

この時と、食器の種類や、小さな段取りの変化はありますが、基本は変わっていません。

 

ポイント3 なるべく動かない

そして、3つ目のポイントは、なるべく一つの作業中、あちこち動かなくてもいいように段取りすることです。

 

上の”水切り籠なし生活”の記事にも書いた通り、「洗う」「拭く」「しまう」の作業が中断しないように、あらかじめ段取りすることはとても大切です。

 

そして、始めたら、一気に作業を完了する。

そして、終わるまでその場を動かない。

 

以前は、拭き終わった食器を、都度、食器棚の所定の場所の近くに重ねていました。

 

でも、それだと、拭いては、いちいち振り返り(我が家はシンクと食器棚は背中合わせの配置です)、一歩踏み出して食器を置く必要があります。

 

苦手な家事なので、それすら面倒!と即省きました。

 

今は、シンクで洗い物をしたその立ち位置で、スポンジを食器拭きのリネンに持ち替えて、どんどん拭く。そして、手の届くワークスペースに重ねる。

 

「拭く」作業が終わるまで、一歩も動きません。

 

「しまう」作業になって、初めて、動きます。笑

 

 

こんな細かい事!?

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、貪欲に、家事効率を追及しつづけると、確実に家事全体にかかる時間が短縮できます。

 

苦手な家事も、数分で、勢いよく終わってしまうので、最近は特に苦も無く、ささっと終わらせることができるようになりました。

 

 

日々、こんなことを考えながら、頭フル回転で家事をこなす、主婦、ナナホシです。笑

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

 

小さな家事の段取りアイデアがつまった、時短家事のバイブルでしょう!☟

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

3人子持ち働く母の 「追われない家事」

 

 

【手間貯金】にんにく一つ買ったら。2種類の手作り調味料

時短 「食べる」こと

 

こんにちは、珍しくこんな時間にブログを書いているナナホシです。

 

今日は暖かかったので、午前中次女と公園で思い切り遊んできました。

やっぱり外で身体を動かすといいですね♪次女ちゃん、お昼ご飯の食卓に着いたまま沈没(笑)お陰で思わぬ自分時間を頂いた、ラッキーな昼下がりです♪

 

 

さて、今日は久々に時短ネタ。

「手間貯金」シリーズです♪(そんなシリーズあったのか!?) 

 

 

皆さんは、おうちに常備している手作り調味料はありますか?

 

「手作り」といっても、手の込んだものでなくていいのです。

分量を量って、混ぜておいてあるだけで、料理の段取りがぐんとよくなり、時短が叶います。

www.nanahoshi-hiroba.com

コチラの記事では、ニンニクオイル、万能和風ダレ、甘酢の3種の手作り調味料をご紹介しました。

記事から半年以上たつ現在でも、彼らは立派なスタメンです。我が家の冷蔵庫で常にスタンバイし、私の料理の腕をぐんと挙げてくれています。

 

そしてこのたび、手間暇かけずに、普段の料理の時短を叶える!そんな我が家の常備調味料に、新しい仲間が加わりました。

 

ワタナベマキさんにおそわるニンニク醤油

我が家では、ニンニクを一つ買ったら、買ってきたその日のうちに、全て手作り調味料へと変身させてしまう事にしています。

 

以前は3つで100円という何とも格安な中国産のニンニクを購入しては、大抵1個は緑の目がニョキニョキとはえるまで、冷蔵庫で栽培、、、放置してしまう事が多々ありました。

 

ニンニクって、あると料理の風味がぐんとアップして、「欲しいな~」と思うけれど、一度にそんなに使わないし、買ってから時間がたつと、(緑にならないまでも)芽が成長して来たりして、何となく使うのがためらわれて・・・

 

そのうち、冷蔵庫の片隅で、変わり果てた姿になる、という事態になりやすくありませんか?

 

だから、我が家は、欲しいと思ったとき=手作り調味料が切れた時、に国産の上等なニンニクを一つだけ買って、即、下処理してしまう事にしています。

 

写真右側は、以前もご紹介したニンニクオイル。

ニンニクをみじん切りにして、菜種油でひたひたにしたものです。

 

そして、左側が新入りのニンニク醤油。

以前図書館で借りたワタナベマキさんの『おかずの素』という本にレシピが紹介してあり、作ってみたら、とっても便利!!以後、常備調味料に仲間入りした次第です。

 

醤油とみりんとお酒に、ニンニクを漬けるだけ。

超簡単。

 

分量は・・・

忘れました!(ドーン)

 

確か醤油が多めだったような気がするので、今回は醤油:みりん:酒=5:1:1くらいの割合で(もちろん、目分量でw)作りました。

 

うん、美味しい!問題なし!(あくまでも私の主観です。)

 

ちなみに、本のレシピでは、ニンニクを半分に割って、丁寧に芽の部分を取り除き、半分の状態で調味料に漬けるように書かれていました。

 

ただ、レシピ通りだと漬けたニンニクが大きすぎて、料理に入れるとき、一旦取り出して刻む必要があるのが面倒で、2回目からはスライスでつけるようになりました。

 

これも、私的には全く問題ありません!!

 

 

ニンニクは一気に処理すべし!

ニンニクを一つ買てきたら・・・

全部バラバラにして、端に切れ込みを入れて・・・

一気に剥く!そして一気に刻む!!

 

ニンニクって、どうやって処理しても、指がしばらくニンニク臭いです。

だったら、一度に全部処理してしまいましょう。

 

以前インターネットで、皮ごと冷凍する技を発見し、一回やってみたことがあるのですが、やっぱり皮をいちいち向くのが面倒だし、指も毎回におうので、やめました。苦笑

 

こうして、刻まれたニンニクは、半分はみじん切りで、オイル漬けに、半分はスライスで調味料付けになるのでした。

 

そうそう、一つ地味だけど、大事な事。

出来上がった調味料は、是非密閉性の高い容器で保存してくださいね!!!

 

以前、プラスチックのジップロックで保存したら、一瞬で冷蔵庫中がニンニク臭に侵されました。苦笑

 

ちなみに、私の使っているメイソンジャー。

240mlで一番メジャーな大きさの半分サイズ。フルーツ柄が可愛いです♪

かつての流行、ジャーサラダには活用されぬままお蔵入りになっていたけれど、ここへきて優秀さを発揮してくれています!

 

 

 

オイルは、パスタに、中華炒めに、マリネやドレッシングに。

醤油漬けは炒め物や味の仕上げに。

 

一度この楽さを知ってしまうと、もう常備せずにはいられなくなりますよ。

 

是非、自分流にアレンジしながら、お試しくださいね♪

 

 

*そうそう、ワタナベマキさんのちゃんとしたレシピが知りたい方は、是非本をお手に問てみてくださいね!

 

調味料以外にも、作り置きまでは手が込んでいないけれど、やっておくと格段に料理の時短が叶う、まさに「おかずの素」のレシピがたくさん!おススメですよ~♪

おかずの素 (単行本)

おかずの素 (単行本)

 

 

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク